優れた取り組みの基準

市街地や企業の敷地内など、人がよく利用する場所では、草はらを適切に管理していくことが大切です。次のような点に注意した管理を行っていくことで、生きものにあふれた美しい草はらをつくりだすことができます。

 野草ための場所を設けましょう
普段は人が入らない野草のための場所と、人が適度に利用する場所とに分けましょう。案内板などを用いて周知することも効果的です。

 場所ごとに草刈りの頻度を変えましょう
広い草はらの場合、頻繁に草刈りするエリア、年に数回だけ草刈りするエリア、わざと刈り残すエリアなど、場所ごとに草刈りの頻度を変えて管理してみましょう。それにより、生えてくる野草の種類に違いが出てきます。刈った草を集めて積み上げておくことも、小さな生きもののために有効です。

 根から抜くのではなく、地上部だけを刈り取りましょう

 外来の植物は取り除きましょう
外来の植物については、根から抜き取りましょう。

 除草剤や殺虫剤の使用は禁止しましょう

 植物の専門家に相談しましょう

  1. Home
  2. 草原の管理